お得に蟹を食べたい

「お得に蟹を食べたい」、そう思う人は多いでしょう。

それには、日帰りで行ける、蟹食べ放題ツアーというものがあり、これを推したいと思います。どういう理由でそう言えるかというと、蟹を楽しむのにこのやり方だと、一般的な方法で蟹を入手し家で食べるのと比べてお得に蟹を食べられることが確実だと言えるからです。
しかも、こういったツアー企画は、通常蟹の名産地で行われていますので、値段の安さや、量の多さだけでなく、質の良さも申し分ないはずです。

今年も蟹のシーズンがやってきましたね。何より蟹が大好きな私。
新鮮で美味しい蟹を味わうために、北海道の蟹の産地を訪れることが、毎年この時期の習慣です。中でも気に入っているお店は、私の知人が包丁を振るっている、道南は函館の蟹専門店です。地元の人にも人気のお店です。

蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理を振舞っています。私が北海道に行く主な目的がそのお店だといっても過言ではありません。

蟹の調理の仕方においては、蟹がどんな状態にあるかにより気を付けるべき点がそれぞれあります。中でも最もポイントとなることは、冷凍蟹を解凍するときどうやるかということです。

大概の方は早く解凍したいがために、水に蟹を浸からせた状態にしてしまいます。その方法をとった場合には、蟹の旨みが楽しめなくなってしまうので、冷蔵庫に入れて、時間をかけて解凍してください。渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これは日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海、三河湾などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、日本各地で食用として重んじられてきました。
渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするのが基本的な楽しみ方です。
また、味噌汁からパスタの具材、韓国料理に至るまで、使い道は多岐にわたります。
かにを買ってきただけで、テーブルの上がぱっと明るくなるという記憶を誰でも味わったことでしょう。
とりわけ丸ごとのかにを見れば、確実にみんなが笑顔だったでしょう。大概の地域のスーパーでは一匹丸ごとのかにを売っていないところが多いでしょう。少し時間をかけて、産地直送の通販でかにを買うと上手く利用すれば本当においしくて安いかにが手に入り、きっと家族みんなの笑顔を見られるでしょう。
蟹通販が一般的なものになった現在では、実店舗のグレードに劣らない蟹を購入できます。しかし、現在では蟹通販を扱う業者も年々増えており、中には詐欺まがいの悪質なことをしている業者もあるので、慎重に選ばないと、美味しい蟹が味わえないということにもなりかねません。どこで買ってもいいというものではありません。新鮮な蟹を買うには、なんといっても「産地直送」は大事です。
それを掲げている業者を選びましょう。選んだ業者の質によって、蟹の質も大きく変わります。業者選びは妥協しないようにしましょう。

多くの方がかにの本場として挙げるのは、北海道もあり、北陸地方もあります。
冬はかにと温泉と思えば粟津温泉は特に知られています。

かに料理と、温泉を追求して小規模な温泉地ですが、全国から観光客がこの地を訪ねてきます。
このあたりのかには加能がにと言われ、ズワイガニのブランドとなっています。

かにのシーズンにとれたてを味わいたい方は、きっと納得できるでしょう。皆さんは蟹はお好きですか? 美味しい蟹が食べたい方は、店頭販売よりも蟹通販がお勧めです。
初めての方でも安心です。

蟹通販なら、蟹の名産地から自宅までダイレクトに発送してもらうことができます。食通も唸る産地直送の蟹を家族で楽しむことができる。それが、他でもない蟹通販の長所です。

いかがですか? また、店頭では売り物にできない傷物の蟹も通販なら買えるので、大変お得です。

私もよく「訳あり」の蟹を買って楽しんでいます。
今や蟹通販では「訳あり」の蟹を狙って購入するのがセオリーになってきました。それを推しているのにはちゃんとした理由があるのです。
実店舗との差を考えてみましょう。
実際の店舗の場合は、いわゆる「ワケアリ」商品は出てこず、普通の値段で普通の蟹を買うだけであり、「得した!」という気になることはあまりないと思います。ところが蟹通販では、実店舗とは違って、普通は売り物にならない蟹。

つまり、傷物の蟹であっても、安く買いたいお客様向けに「訳あり蟹」として売っており、確かに蟹の味自体には影響しませんから、考えようによっては大変お得です。

かにの通販はおいしいことばかりではないようです。
例として、安いからといって買いすぎてしまい、始末に困ったというのです。
通販がなかった時代のように、実際の店舗でしか買えなければ箱の大きさや、その中にどのくらい入っているかも把握できるので、買いすぎは未然に防げることでしょう。

しかし、通販の写真ではかにの大きさをリアルに捉えられず、宣伝にのせられて買ってしまい、届いてその量に青ざめたという人はかなりあり得る話なので、せっかくのおいしいかにです。
おいしく食べきれるよう考えましょう。

意外と知られていないことですが、蟹は実は水揚げできる時期が限られています。一定の時期にならないと漁が解禁されません。
無秩序な乱獲を防ぐためにも、越前ガニは毎年11月6日、紅ズワイガニは毎年9月1日など、解禁日が定められ、それから翌年春頃までの期間しか蟹漁はできないという取り決めになっているのです。
毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、解禁日がいつ頃になるのか、ちゃんと調べておくことが大事だと覚えておきましょう。蟹には色々な食べ方がありますが、中でも美味しいのは蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。
他の調理法も捨てがたいですが、やはりこの二つが群を抜いています。

蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは少しでも鮮度が落ちると、途端に味も悪くなってしまいます。
一方、じっくり火を通す蟹鍋や茹で蟹であれば、 鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。
風味に繊細さが感じられなかったり、なんとなく物足りないときは、土佐酢や柚子胡椒など、付けダレを変えれば専門店さながらの味を楽しめるのでお勧めです。
蟹を買おうとするときの注意点。それは、気を付けるべき事柄は、どうやって選ぶか、です。蟹の種類によりけりで、違った選び方をする必要があります。例として、ズワイ蟹を買おうとする場合には、見るポイント、それは腹側です。ポイントは腹側の色で、白いものはやめて、中でも、アメ色のものがあるので、それを選びましょう。あわせて、甲羅の硬さによっても判断でき、硬い物の方がより良いです。
テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、北海道と答える方が多いでしょう。

そうなるのも当たり前なのです。現在、日本で毛蟹を買おうと思えば北海道限定だからです。とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると日本各地にそれぞれの種類が有名な産地はたくさんあります。有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取が有名な産地となっています。
贈答用など、絶対外せない品質のかにを選びたいとすればブランドがついたかになら、はずれなしと考えるというのがおすすめです。直接見て買う場合、ブランドがにを探すのは簡単で産地や名称のタグがついているでしょう。特定地域の漁港で獲れたかにであるというみんなにわかる証明です。言うまでもなく、それが味の保証となっているので、他のかにと一緒にされないためブランドにしていると言えます。実際に蟹通販を利用する場合、ポーションタイプ、冷凍、活蟹など、色々な種類の中からどれを選ぶか悩んでしまう人もいるでしょう。どちらがいいかは、調理法によっても変わってきます。

家族で蟹鍋を囲みたいといった場合、殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。
一方、蟹しゃぶで召し上がりたい場合、生のまま冷凍したものか、活きたままの蟹がいいでしょう。このように、調理法に応じて最適の商品を選択すれば、自分のニーズに合った蟹を、通販でお得に買うことができるのです。蟹通販は大変お得で便利です。

蟹通販を利用すれば、自宅で待っているだけで、新鮮な蟹が届きます。しかし、ネット上で蟹通販のサイトを開設している業者は10や20ではきかなくなってきたので、ちゃんと見比べて選ぶ必要があります。

楽天市場などのECサイトで人気ランキングを見てみると、品質や価格などで業者を比較することができます。
こうした人気ランキングは信用できるので、上位の業者の多く買われている商品から選ぶのがお勧めです。それならよりお得に、より美味しい蟹を味わえます。

蟹通販を利用する上で気になる点はなんでしょうか。それは、まずは蟹の価格、新鮮かどうか、どのくらいの量が届くのか、そして最も重要ともいえるのが送料です。

お得に通販を利用できるか否かのカギを握るのが送料なのです。

蟹通販を利用する場合、購入する内容によっては、うっかり見落とすと凄い額の送料を請求されて驚くこともあります。見落とさないように気を付けてくださいね。

私の場合、送料無料の業者をいつも使っています。
ちなみに、送料無料を謳っている業者でも、離島など一部地域にお住まいの方は、どうしても送料が掛かってしまいます。通販で買ったかにのおかげで、かなり危ない目に遭いました。安くたくさん買っても、一度に食べてはいけません。
毛蟹を通販で大量注文し、彼女と二人、全部を一気に食べていると、寒気のような、ぞくぞくが起こりました。

でも、おいしくて食べるのをやめられません。
寒気が止まらなくなり、がたがた震えだしました。

どんなにおいしいかにでもかにの食べ過ぎ、特にビールを飲みながら食べるのは危険です。少しずつ、味わいながら食べてください。

多くの方が便利に利用されている蟹通販ですが、その欠点といえば、購入時の事前情報が写真や文章しかないことです。
店頭販売なら、身が詰まっていることも確認でき、試食して選ぶこともできます。
また、お店によって塩加減なども千差万別なので、自分や家族にとって一番美味しいお店を探す人もいます。ですが、蟹通販でそれは難しいですよね。

蟹通販が便利でお得だといっても、万能ではなく、そうしたデメリットもあり、一長一短といえます。